IラインとOラインはどの部分?

IラインとOラインとは、エステやクリニックでの脱毛の際に使われる脱毛部位の呼び方のひとつです。
Iラインは性器の周辺、Oラインは肛門の周辺の部位のことを指しています。
これにビキニラインをプラスし、VIOラインで1セットとして処理されることもあります。
フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛はこれらの部位を脱毛する際に注意したい点に、施術時の痛みがあります。
OラインとIラインはデリケートゾーンですので、皮膚の色素が他の部分に比べて濃くなっています。
これはメラニンという色素が多いためなのですが、フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛ではこのメラニンに反応して熱を与える光またはレーザーが使用されますので、メラニンが多いデリケートゾーンには熱が伝わりやすく、そのため照射時に感じる痛みが強くなるという特徴があるのです。
ちなみにデリケートゾーン以外の皮膚にもメラニンは存在していますが、光やレーザーで熱が生じるほど多くの量ではないため腕や脚などを脱毛しても熱が伝わる部分は毛根のみで、痛みはさほど強くありません。
特にレーザー脱毛の場合は伝わる熱の量が多いため、デリケートゾーンの施術は痛みを強く感じやすいです。
あまりに痛む場合は機器の出力を弱めるなどしてもらい、我慢しないようにしましょう。

Filed under: 未分類 — vio 2:05 PM